« あけましておめでとうございます(^^) | トップページ | ありがとうございました »

2012年6月19日 (火)

かわいいかわいいミケ

ミケが16日の土曜日、突然、死んでしまいました。

直前まで元気で、ゴキゲンさんだったのに、

突然、死んでしまいました。


033


夕方、私が近所のスポーツクラブに出かけたあと、

ミケは夫のヒザで、なでなでされて目を細め、

夫がいつものように 

「ミケちゃん、うちに来てくれてありがと、ありがと」 と言うと

声を出さずに 「にゃ~」と言ったそうです。


089


ひざから降りて部屋を出ていき、

その5分か10分あとに、廊下からガタガタッと音がして、

Pが今まで聞いたことがないような声で

「うぅ~~、うぉ~~ん」と ないたので様子を見たら、

ミケが倒れていたそうです。


005


痙攣していたわけでもなく、苦しそうでもなく、

泡やよだれが出ていたわけでもなく、

ただ、普通に寝ころんでいるだけのように見えたそうです。

まるで、寝技でPにちょっかいをかけているように。


003 


走って獣医さんに連れていき、先生も手を尽くしてくれましたが

なぜなんでしょう? ミケは死んでしまいました。


004


まぬけな私は、その時間、ヨガをしていて、

レッスンを終えて、建物を出たら、すぐ夫から携帯がなりました。

「まだ留守電聞いてないんだよね?」 

「ミケちゃん、死んじゃった」 

「ミケちゃん、死んじゃったんだよ」

かわいいかわいいミケが死んだとき、私はそばにいませんでした。


Photo_2


病院に行って、抱き上げたミケちゃんは、

いつものようにかわいくて、眠っているようでした。

なんで、こんなことになったのか、まるで分かりませんでした。

このまま、ずっと、どうしてミケちゃんは死んだのか、

一生、夫と「どうしてだろう、どうしてだろう」と

言い続けるのはいやでした。

だから、解剖してもらいました。

Photo


肺がふたつとも、ぺっちゃんこにつぶれていて、

肺にも食道にも、空気がまったくなかったそうです。

ベテランのとても腕のいい先生ですが

こんな例は今までなかった、と。

死因は気胸ということになりますが、原因は不明です。



032


あまったれで、ビビリで、にゃあにゃあにゃあにゃあ、

よくなくネコでした。

ミケがいないだけで、こんなに静かなのかと思うほど、

部屋が静かになってしまいました。


Photo_3


まだまだ、何年も何年も何年も

一緒にいられるとばかり思っていました。

私はなんて、バカなんでしょう。

人間もネコも、明日一緒にいられるとは限らないことを

すぐに忘れてしまうのです。


22


かわいいかわいいミケを失ってしまいました。

雑草とゴミだらけのすき間に落ちて

小さな体で精一杯の声を上げてないていたミケ。

ミケに気づいて連れて帰れて良かった。


011


神様がくれた期間限定の贈り物でした。

「はい、ここまで!」

神様はそうやって、ミケちゃんを連れていってしまいました。

でも、4年間、一緒に暮らせて良かった。


013


ミケちゃん、助けてあげられなくて、本当にごめんね。

かわいいかわいい私たちのミケ。

ありがとね。また、会おうね。

ばいばい、ミケちゃん。ばいばい。


026

« あけましておめでとうございます(^^) | トップページ | ありがとうございました »

コメント

驚いて言葉も声も出なくて…一旦ブラウザ閉じて呼吸を整えてから
もう一度読みました。ミケちゃん…そんなことって…。
わたしがkeikoさんのブログを知ったきっかけが、ミケちゃんととらちゃんの
保護の頃でした。なんともいえない個性的な柄にぞっこんになって
募集がかかったら…手を上げてみようかと、ドキドキしたものでした。
ミケちゃんのことが可愛くて可愛くて、携帯の待ち受けにさせてもらっていたことも
ありましたよね…。

一生どうしてだろうと言い続けるのは嫌だったという気持ち、すごくわかります。
「もしも」の次に来るのはきっとネガティブなことばかりだろうし、
ハッキリとした原因がわからなくても、ネガティブな想像だけで見送るのとは
全く違うと思うし。

「人間もネコも、明日一緒にいられるとは限らないことを
すぐに忘れてしまうのです。」

ほんとにそうですよね、だからといっていつ何時もつきっきりで
いることなんて出来ないし…。
覚悟を持つことなんて無理だけど、それでもいつかの日のために、
毎日毎日を悔いの無いように過ごすしかないんでしょうね…。

keikoさん、旦那様、今はまだ心の整理もつかず、お辛いと思います。
ただひとつ言えることは、ミケちゃんの4年間は幸せだったということ。
keikoさんご夫妻に愛されて、Pちゃんトラちゃんと仲良しで居られて。
あの日、keikoさんに保護されていなければ、決して助かっては居なかったであろう
小さな命を4年間、慈しみ愛し育てて…ミケちゃんもきっと感謝していると思います。

ミケちゃん、ありがとう、またね…。

ミケちゃんのご冥福を心からお祈りします。

投稿: レイナ | 2012年6月19日 (火) 午後 04時29分

ミケちゃん・・・。
言葉が出ません・・・。

最後はPちゃんが傍に居たんだね。
お別れは悲しいけど。
どうか天国でも目力全開でkeikoさん達を見守ってね。

投稿: チップスター | 2012年6月19日 (火) 午後 10時50分

Keikoさん、
更新有難う。
お辛かったでしょう。
かわいいかわいいミケちゃんの
写真をいっぱい見せて下さって、
本当にありがとう。

ミケちゃんは、
絶対に神様のプレゼント。
幸せを一杯くれましたよね。
ミケちゃんも絶対に
幸せだったはず。
ミケちゃんとラブラブだった
ダンナ様がいらっしゃる時で、
本当に良かった。
でもね、
Keikoさんも、
絶対そばにいたかったよね。
お気持ち、すごくわかります。

私も絶対に忘れないからね、ミケちゃん。
本当に、有難うね。


投稿: ゴーヤ | 2012年6月20日 (水) 午前 01時11分

電車に乗りながら可愛いお方の写真を見せてもらいました。
美人さんだったね。
ダンナさんがいてくれてよかったね。
うまいこと励ませなくてゴメン。

投稿: しましま | 2012年6月20日 (水) 午後 01時19分

To レイナさん

ありがとうございます。
レイナさんには、ずっと「ミケちゃん、かわいい」って
いっぱいほめてもらいましたねー。
ミケにかわってお礼申し上げます(^^)

解剖は・・・しなくても肺が死因だってことは
分かってたんですけど、
その原因が誤えんの可能性もあったんです。

私が放置していたものを飲みこんでしまったのかも
って一生引きずるのがいやだったし、
死んでしまったミケの喉に、何か詰まってるのかもしれないっていうのもたまらなかったんですよね。

賛否はあると思うけれど、
レイナさんに理解してもらえてうれしいです。

仕事中とかは平気なんですけどね~、
家に帰ると、ダメダメです(><)
ミケが出迎え隊長だったのに
いなくなっちゃったから、出迎えなしなんですよー。
いないのが、不思議でたまりません。

投稿: keiko | 2012年6月20日 (水) 午後 04時27分

To チップスターさん

どうもありがとう~(><

Pは本当にいいヤツだって
夫とふたりで言ってるんですよ。
あんな声は聞いたことがなかったって。
Pに「ビックリしたね。
教えてくれてありがとうね」ってお礼言いました。

投稿: keiko | 2012年6月20日 (水) 午後 04時34分

To ゴーヤさん

どうもありがとうございます。
ビックリさせちゃいましたよね(><
いつも覚えていてくださって感謝です。

ゴーヤさんが言ったんですよ。
ミケのあごの模様のこと、言霊出てるって(笑)
大ウケでした。それから、ずっと私、
ミケの顔をしみじみ見るたび、
「言霊」って言葉が浮かんでいました。

夫は「こんなに私になついた猫はミケだけ」
と言って嘆いています。
ホントにミケは夫が好きでした。

ヨガに行く時は生きてて、
終わったら死んでしまっていて。
なかなか実感がわきません。

投稿: keiko | 2012年6月20日 (水) 午後 04時44分

To しましまさん

どうもありがとうございます(><

気にかけて、こうやって見てもらって
コメント書いて励ましてもらって
十分、お気持ち感じてます。

ダンナがいて良かったです。
私かダンナかだったら、ダンナで良かった。
私より早く病院に連れていけたと思うし。

投稿: keiko | 2012年6月20日 (水) 午後 04時52分

ミケちゃんが!!
信じられない気持ちで何度も読み返してしまいました。
ミケちゃんのかわいいかわいい写真を何度も
見て、どうして・・という思いが止まりませんでした。

私もまだまだ猫達と何年も一緒に居られると思い、
いつも待ってくれてると思ってました・・
すぐに忘れてしまう・・本当ですね。

keikoさんが出かけてる時だったのは
きっとkeikoさんが悲しい思いをしないように
ミケちゃんがそのタイミングを見たんだと思います。
ミケちゃんはkeikoさんの事よ~くわかってるんですね、きっと。

ミケちゃん、大切な事を教えてくれてありがとう。
keikoさん、ありがとうございます。
ミケちゃんのご冥福を心よりお祈りします。

投稿: torakuro | 2012年6月21日 (木) 午後 09時45分

あまりのことに、ただただ驚いています。
そして、本当に悲しいですね。
keikoさん、ダンナ様のご心痛は 計り知れません・・・。

ミケちゃんは、本当にかわいい子でしたね。
表情が豊かで ちょっと怖がりで、
手の先っぽが ちょっとだけが白くて・・・
自分のことを「ミケちゃん」って言うのも
かわいくて大好きでした。

keikoさんたちが、ミケちゃんのことを
どんなに可愛がっているか、
ブログを読んでいるだけの私にもよく分かります。

だから、きっとミケちゃんにも 全部伝わっています。
ミケちゃんも、keikoさんのことを 強く想っているはずです。
そんな風につながっていれば、きっとどこかでまた会えるはず。

でも、そんなこと言ったって、
今 会えないのは 本当につらいですよね・・・。
どうかお身体をご自愛ください。

私も、絶対に(本当に)、ミケちゃんのこと
ずっとずっと忘れません。
かわいい姿を見せてくれて、本当にありがとうね。

投稿: Baco | 2012年6月21日 (木) 午後 10時16分

To torakuroさん

どうもありがとうございます。
そんなふうにミケの死を悼んでいただけて
飼い主としては本当にありがたい気持ちで、
心がなぐさめられます。

猫や犬たちが好きでなければ、
この気持ちは分からないものですよねえ。
この間なんて、犬飼っている人から
「あと2匹いて良かったですね」と
なぐさめられて、なんだか笑ってしまいました。

私がヨガに行く少し前、なでろなでろと騒ぐので
お尻なでなでをしてやったら、
お尻を高~くして喜んでいました。
倒れている姿を見なくてすんで、
確かに良かったかもしれません。
ぐっすん(TT


投稿: keiko | 2012年6月24日 (日) 午後 12時20分

To Bacoさん

どうもありがとうございます。

クマちゃんのこと、思い出していました。
私にも、グンちゃんのようなことが
起きたらいいなあ。

夫が「ミケ、またな。
ミケだって分かるように、
ちょろん(あごの黒い模様のこと)を
つけてこいよ」と言っているのを聞いて、
実は、以前にもミケと会っていて
その時にも、ミケは、ちょろんを
付けていたんじゃないかと、だから、
ミケはあんなヘンなガラだったんじゃないかと
思ってしまいました。

ミケを忘れないって言ってもらえて
うれしかったです。

投稿: keiko | 2012年6月24日 (日) 午後 12時29分

久しぶりに見てびっくりしました。
これは、つらいですね。
クリッとしててかわいい猫でした。
ウチには猫も犬も居ないので、
写真をときどき見て、癒されていました。

  神様の期間限定の贈り物

切ないコトバ……。

ご冥福をお祈りします。

投稿: IKKO | 2012年6月25日 (月) 午前 05時52分

To IKKOさん

そうなんですよー(TT 
ミケが死んでしまいました・・・。

冷静になれば、長いか短いかの差はあれ
みんな、期間限定なんですよね。
でも、4年で電池が切れたように死んでしまったので
つい、期間限定という言葉が出てきてしまいました。

実は、IKKOさんのことを思い出していました。
なぜなら、ベランダで山椒や水菜などを置いたら
IKKOさんのかわいいアレが出現しまして・・・。

モスラの幼虫のように山椒にへばりついてる
青虫を割り箸で引きはがす時には
気を失うかと思うほどでした。
小指ぐらいありましたよΣ( ̄ロ ̄)
でも、つぶさないで、空に放ったんだけどなぁ。。。

愛おしいと思うものは、人それぞれですよね。
勝手なものです。

投稿: keiko | 2012年6月25日 (月) 午後 09時25分

ミケちゃん・・・。
ただただ驚いて涙が溢れてしまいました。
しばらく体調不良で、ネットもほとんど見ていなかったので
こんなに遅くなってしまいましたが、
大好きな大好きなミケちゃんのご冥福を心からお祈りいたします。

初めてkeikoさんのブログにミケちゃん、トラちゃんが登場したときに
ウチの事情が許されるならミケちゃんをウチの子に!!!って
思ったくらいミケちゃんのファンでした。

可愛すぎて神様に早く呼ばれちゃったのかな・・・。

もしかしたら、ミケちゃんはもう既に次にkeikoさんご夫婦に
会うための準備を天国で着々としてるかもしれませんね。

うまく言えないけど、keikoさんご夫婦にとても可愛がられてたミケちゃんは
とても幸せだったと思います。

keikoさん、可愛いミケちゃんの写真をいっぱい載せてくれて
本当にありがとうございました。
ミケちゃんのこと、忘れません。

投稿: まさにゃん | 2012年6月26日 (火) 午前 11時08分

ミケちゃんが!?と、ただただ驚くばかりで・・・
可愛いミケちゃんの写真にkeikoさんとダンナさんの愛情があふれていて、
お二人の悲しみを思うと、胸が痛くなってしまいました。
ミケちゃんは4年間だったけど、keikoさんご夫婦と
Pちゃん達兄妹に囲まれて幸せだったと思います。
ホント!みんな期間限定なんですよね。

ミケちゃん、ぼーっとして頼りないかもしれないけど、しろと仲良くしてやってね。

ご冥福をお祈りします。


投稿: しろぱん | 2012年6月26日 (火) 午後 08時33分

この度ミケちゃんの記事を読んでただただ驚き、
悲しんでいましたが、私も猫達と限りある時間を
大切にしなきゃいけないという事を痛感しました。
そしてこの気持ちをブログに残したいと思いました。
もし差し支えなければミケちゃんの記事を
リンクさせて頂いても宜しいでしょうか?


投稿: torakuro | 2012年6月27日 (水) 午後 05時01分

To まさにゃんさん

どうもありがとうございます。
私のほうこそごぶさたしてしまって。
なのに、こうやって、あたたかい言葉を
かけてもらっちゃって、泣きそうになります。

まだ、ミケが元気なときに、ダンナさんの
お腹にのってるアズちゃんの写真を見ましたヨ。

ミケは、よく、夫の脇の下に乗りかかるようにして
寝ていました。ミケは3.5kgだけど、
アズちゃんは大きいから、より苦しいなぁと
思って笑ったのが、ずっと前みたいです。
そうそう、まさにゃんさん、ミケのこと
かわいいって、里親になりたいぐらいだって
言ってくれましたよねー。

部屋のいたるところに、ミケがいた記憶があって
どこにもいないのが、とってもヘンです。
でも、だんだん大丈夫です。

まさにゃんさん、体調くずされていたとのこと。
どうぞ大事になさってくださいね。
かわいい政宗ちゃんと、アズちゃんの様子
たまにでいいからアップしてくださいね。

投稿: keiko | 2012年6月27日 (水) 午後 11時29分

To しろぱんさん

どうもありがとうございます。

ミケが死んで、納得できなくて
何度も何度もネットで「ネコ 突然死」とかで
検索していっぱい読みました。
突然、かわいいネコをなくしてしまったのは
当たり前だけど、私だけではなくて。

しろちゃんだって、あのころ、ブログを
拝見してた私にとっては、「えーっ?」っていう
急なことでした。

病院通いをして病気で苦しんで亡くなっていく
ネコさんたちのことを思うと、
どっちがどうとも思えないし、考えると
何がなんだか分からなくなっちゃう~(笑)

虹の橋の話は、本当によくできていて、
何度も何度も頭のなかに浮かびました。
救われるお話です。
そうですよね、しろちゃん、待ってますもんね。
同じところにミケも行ったんですねえ。
とても不思議な感じです。

投稿: keiko | 2012年6月27日 (水) 午後 11時41分

To torakuroさん

どうぞどうぞ。直リンクしてください。

かわいいトラちゃん、クロちゃんのブログ
拝見しましたよ~。
torakuroさん、お体どうぞご自愛ください。
無理なさいませんように。
私は、股関節が痛くて先月末に病院に行ったら
股関節じゃなくて、腰の骨がずれていました(><

投稿: keiko | 2012年6月27日 (水) 午後 11時50分

青虫のために山椒や蜜柑の木を置いているのは、まあウチぐらいのものだから(^^)
山椒も水菜もアゲハの食草ですから、集まってきますね。

ミケが亡くなったあと、立て続けにアゲハが羽化しました。しかも1匹はモンキアゲハ(あるいはクロアゲハ)。

猫たちと違って、羽化したらこちらに何の挨拶もなく飛んで行ってしまいますが……

写真をいっぱい、ありがとうございます。
腰、気をつけてくださいね。

投稿: IKKO | 2012年6月29日 (金) 午前 02時59分

To IKKOさん

うっ(><。

やっぱり、ひどいことをしたような気が
してきました。小さな山椒の1本ぐらい
食べさせてあげれば良かったかも・・・。

羽化したばかりの蝶は、きっと格別でしょうね。
面倒みて、羽化した蝶ですもんね。
ちょっと反省。。。

投稿: keiko | 2012年7月 1日 (日) 午後 10時11分

はじめまして、委託先のネコ雑貨のトーティーシェルターさんから
猫さんつながりを辿ってきました。
辿りすぎてもう何処から直接お伺いしたのかか分からなくなってますが....。

初めてお伺いして丁度こういうタイミングで
なんてコメントすれば...と言うくらい驚いてます。

良い表情をされる猫さんですね.
ネコ作りの私にはたまらないお顔です。
『本当に幸せに過ごされていたんだな』って
一枚一枚のお写真から伝わってきます。
天真爛漫,あまえんぼ、人の言葉が判ってる、飼い主さん大好き♥
って感じの猫さんに見えますね。
(当たっているかどうかは分からないけれど)

あまりにも急な旅立ちでどんなにか悲しい思いをされた事でしょう。
きっと色んな『〜だったら...』とか頭をよぎったんじゃないかしら?

私自身、昔からたくさんの生き物と一緒に暮らしていたので
色んな別れが有ったのですけれど
これほど急なお別れは体験してなくて
正直言葉が見つからないでいます。
何をお伝えしても遠く及ばないのですけれど

せめても、一杯泣いて下さい。
悲しい時に我慢は禁物です。我慢すると後でパンチがきますから...。
思い出して泣いて、笑いながら泣いて
誰かと想い出をお話しして、いつか自然に笑えるようになって下さい。

そんな日が来ることを願っています。

投稿: rai*chi | 2012年7月 9日 (月) 午前 11時03分

To rai*chiさん

初めてなのに、優しい言葉をかけてくださって
ありがとうございます。
こうして、みなさんが残して下さる言葉が
本当に心にしみます。

羊毛フェルト作家さんなんですね。
ダメ猫シリーズの写真、拝見しました。
かわいいですね、ほんと、ドヤ顔してる(^^)
とくにオーダーバージョンの三毛猫さんの
お尻がたまらなくプリケツです!

ミケも3匹のなかで、一番のプリケツでした。
rai*chiさんにミケの表情をほめてもらえて
嬉しいです。喜怒哀楽がはっきり分かる猫でした。
甘ったれで、わがままで。

私は酒飲みなので、毎晩、ビールを飲んでは
ミケを思い出してメソメソしています(TT
でも、rai*chiさんのおっしゃるように
ここ数日はグッときても、泣くところまでは
いかなくなってきたかもしれません。
こうやって、だんだん、泣かずにミケの話が
できるようになるんですかね~。
それを拒否するような気持ちもあったりで、
フクザツです。

心のこもったコメントをありがとうございました。

投稿: keiko | 2012年7月10日 (火) 午後 04時24分

御無沙汰です
そしてびっくりしました
そんなことがあるんですね
私がkeikoさんと知り会えたのも
いま思うとミケちゃんがきっかけでした
期間限定 そういう表し方もあるんですね
可愛い子でした
気胸とはそういう病気もあるんですね
これからもミケちゃんの思い出話を
してくださいね

アニマルコミュニケーションですか・・・

投稿: ブルー | 2012年8月24日 (金) 午後 09時02分

To ブルーさん

こちらこそごぶさたしてます。
つい先日、リンクでブルーさんのブログに
お邪魔しようとしたら、アドレスが変わっていたのに
気づいて、リンクはり直したところでした。

まだミケのいない生活がさみしてくて
毎日、夫と壁にいっぱい貼ったミケの写真を
見ながら「可愛かったね」
「なんで死んじゃったんだろうね」って
言い合っています。

投稿: keiko | 2012年8月26日 (日) 午後 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27491/55001077

この記事へのトラックバック一覧です: かわいいかわいいミケ:

« あけましておめでとうございます(^^) | トップページ | ありがとうございました »